チューリヒ大学に留学中の周シュナーベルです。このブログではスイスに関する無駄(?)知識や私の大学生活を紹介します。


by schuhschnabell

カテゴリ:自然、動物、植物( 2 )

ベビーラッシュ1

またブログを結構長く放置してしまいましたが、そろそろ夏休みに大学が突入するので、またブログを書く余裕ができました。

コメント、いつもありがたく読ませてもらっています。色々な意見をいただけることって勉強になるし、励みになります。







このごろでは、Tシャツで外を歩いても全然余裕の気温になってきた。



ちょっと近くを散歩するだけで、きれいなちょうちょを見かけたり、色とりどりの花が見れて、季節の移り変わりを実感する。



今はツツジがまっさかり...を過ぎそうなぐらいかな。



木々もたくさんの葉っぱをつけて、冬のころとはまったく違う装いだ。







自然界では今ベビーラッシュのようで、川辺や湖畔をあるけば、巣作りしている水鳥や、もう赤ちゃんをつれた親鳥も見かける。











これはカンムリカイツブリの親子プラスなぜかカメ。



カンムリカイツブリのお母さん(たぶん)は、赤ちゃんを背中に乗せて、守っているらしい。



背中からちょこっと二羽の赤ちゃんの顔がのぞいているのがすごくかわいいと思った。



しばらく観察していると、お父さん(たぶん)がやってきて、ミミズみたいな虫を赤ちゃん達にあげていた。



お父さんもお母さんも育児してるのっていいな。







しばらく歩くと、オオバンお母さん(たぶん)とその赤ちゃんを見かけた。











オオバンは赤ちゃんをおなかの下にいれて守っているようだ。



同じ水鳥でも育児方法がちがうんだね。









ちなみに、ドイツ人と結婚したある友人から、半年振りぐらいに電話があった。



彼女とは去年の秋に会ったっきり、なにも連絡をとっていなかったのでどうしたのかと思って電話に出てみると、なんとまぁ、彼女、赤ちゃんをつい最近産んだとのこと!



しかも去年最後に会った時には既に妊娠してたっていうからこりゃビックリだよ。



どうしてそのとき一言も言ってくれなかったのか、と思った。



友人のおめでたいこと、私も一緒にリアルタイムに喜びたかったよ。



なんか、高校時代までだったら、今誰が誰に恋してるのかとか、進路をどうするのとか、個人的な一大イベントの情報は友人同士共有しあってたけど、大人になるにつれて、お互いのことをあんまり干渉したり気になったりしなくなるもんなのかなぁ...と思った。



年をとるにつれて、私の場合はどんどん人間関係が希薄になってきているような気がするよ。



その分、家族や私を応援してくれる人のありがたさが身にしみる今日この頃。







応援クリックありがとう!

人気ブログランキングへ
[PR]
by schuhschnabell | 2008-05-29 22:24 | 自然、動物、植物

スイスって感じ

私の描く絵を気に入ってくれる方がいらっしゃるなんて、本当に恐縮です。



今回は絵は一休みで、久々に写真でも載せてみます。





白銀の山の頂を見るたびに、あぁ、ここは本当にスイスなんだなぁと実感する。



その日は久々に空が青くて、ほとんど雲のないきれいな日だった。



私は用事でベルンに行くことになった。



ベルンにはもうかれこれ5,6回以上は行ったことがあるんだけれど、毎回雨または曇りで、ベルンで青空を見たことが一度もなかった。



用事が済んだ後、ふと、久しぶりに教会の塔に登ってみたくなった。



なんていったって、こんなにきれいな空。



もう夕暮れに近づいていたけど、とりあえず登ってみることにした。



その塔の天辺にたどり着くには、ものすごい数の階段を登っていかなければならない。



しかも狭い螺旋階段だから、目が回る。











途中少し休みながら、なんとか頂上にたどり着いた。











おぉー!



Eiger, Mönch, Jungfrau!



しかもFinsteraarhorn, Schreckhorn, Wetterhornも見える!



しまいにはBrienzer Rothornも見渡すことができる!



まさかベルンで、こんなにきれいにBerner Oberlandの山々が見られるなんて知らなかった。



ぼーっと見ているだけで、心が洗われるような気持ちになった。









別の日。



私はチューリヒの動物園にまたやってきた。



その日も晴天で、風は冷たかったけれど、太陽の日差しが体にも心にも温かかった。



ふと目を遠くにやると、白銀の山がそこにあった。











これまで何度もチューリヒに来たし、動物園にも来たのに、その山に今まで一度も気が付かなかった。



それは、ザンクトガレンにある有名なSäntisという山だった。



Säntisは、160kmも離れたドイツのシュトゥットガルトからも見ることができるらしい。





チューリヒも、やっぱりスイスなんだ。



あの、アルプスのスイスなんだ。



自分は今、本当にスイスにいるんだ。



今更でばかみたいだけれど、そう実感する私がいた。





応援クリックありがとー!


人気ブログランキングへ
[PR]
by schuhschnabell | 2008-01-14 22:30 | 自然、動物、植物