チューリヒ大学に留学中の周シュナーベルです。このブログではスイスに関する無駄(?)知識や私の大学生活を紹介します。


by schuhschnabell

食料輸入規制(怒)

地獄の5月、6月がついに過ぎ去り、待ち遠しかった夏休みについに突入!



一ヶ月以上更新しなかったため、周の体の具合を気にかけてくださった読者のみなさん、どうもご無沙汰しておりました。



今学期は特に6月、つまり学期末の月が試験やら論文提出やら発表会やらのオンパレードで、体調を崩しながらもやるべきことはやり遂げた次第であります。



ストレスは本当に、体に毒です。



私の場合、学業に加えて私生活でも爆発しそうなぐらいのストレスを受けることが度々があったため、自律神経だかホルモンバランスだか知りませんが、何かのバランスがおかしくなった感じです。



ここ2ヶ月以上37度以下に熱が下がらないのです。



しかもその熱、絶対37度6分以上には上がらない。



病気でベッドでずっと横になるほど体調が悪いわけでもないけど、なんだか体がちょっと熱っぽい。



風邪も免疫力低下のためか、しょっちゅう引いている状態です。



はっきりいって、やっかいです。



一番のストレスの原因だった大学ももう夏休みに入ったので、私の体の状態も上向きになるはずなんですが、まだまだ心にも体にも休養が必要みたいです。



大学の話はぼちぼち記事にしていこうかと思います。



読者のみなさんも、ストレスを甘く見ないで、ご自愛ください。







余談ですが、前回の記事の学食メニュー、無料で大盛りにしてもらうこともできます。



「今週のヒット」はおよそ550円ぐらいです。







++++++++++++++++++++++++++++



スイスに在住の方はもうご存知かもしれないが、2007年7月1日から非EU及び非EFTA諸国以外の国からの動物性食品を含む食料の、スイス国内への持込が禁止されることになった!



(参考:Nachrichten.ch 独語)





動物性食品、つまり肉類、動物性油脂、牛乳、はちみつ、魚類などの含まれた食べ物は、税関で没収の対象となったのだ。



規制導入の理由は、「非EU諸国でBSEやら鳥インフルエンザがよく起きてるから」だって!







・・・っていうか、ドイツでもイギリスでも、ましてやスイスでだってBSEも鳥インフルエンザも起きてるじゃんかぁっ!!!






なんなの、このEU至上主義?



なに?プチ鎖国?



鳥インフルエンザが今起きているドイツから食料品は今までどおりスイスに持ち込んでもいいけど、日本からはミルクチョコレートすら持ち込んじゃだめだって?



チョコに牛乳入ってるからって?



保護貿易主義もここまで不合理だとあきれるね!







この規制導入したあんたたち、頭おっかしーんじゃないの?!!!!








えぇ、えぇ、確かに日本は外国からの輸入に関してはものすっごく関税やら規制やらが掛かっていて、例えば医薬品は日本のものより外国のものの方が認可下りるのがひどく厳しいってよく聞くけどね。



コメだって日本はいまだにすっごく高く関税かけたりしてるけどね。



だからってさ、なんで日本のポッキーはスイスに持ち込んじゃダメで、ポーランドやらスペインやらからスイスにチョコ持ち込んでもいいの?



っていうかさ、そもそもチョコから狂牛病とか鳥インフルエンザ発生するの?



カレーやシチューのルーや、鰹節から疫病が発生するってーの?







EUのばかやろー!お役所主義もいい加減にしやがれ!



スイスもEUにほいほい追随してんじゃねー!!!












ムキーーーーーー!!!







ちなみにこれは、チューリヒ中央駅にあるとあるショーウィンドーの飾り。









すし屋がここに8月オープンするらしい。











応援クリックありがとう!



人気blogランキングへ
[PR]
by schuhschnabell | 2007-07-05 22:54 | ニュース